投資女子は孤独死が怖い

新米大家さん、仮想通貨、株式の投資女子。たまに婚活。

某大手化粧品会社との合コン

孤独死怖がってますが

最近、完璧に婚活をさぼっていた三十路です。

 

街コンやパーティーにも行って無く

仕事、ゲーム、FX、漫画

とクソ女子生活真っ只中。

 

マッチングアプリもたまにイイネのお返しはするけども

メッセージ未読スルーの放置状態。

 

あったかくなってきたら再開するんだ(*'ω'*)

と言いつつ絶賛腰が重い。

 

そんな中、中学の同級生から

「おい、独女。合コンしやがれ」

と重い腰を強制的にあげてくれる、LINEが届きました。

 

 

その同級生は某有名私大卒で大手化粧品会社の営業マン。

 

「わかりましたー!合コン参加の独女達に試供品提供もお願いします」

 

と、ちゃっかりおねだりしつつ

開催された化粧品会社合コン。

 

同級生いわく

「本社転勤になった先輩と同期に東京女子と飲む場を作ってくれればよし」

とのことなので、合コンよりも飲み会よりですね。

 

女子会メンバーに声掛け、いざ開催。

 

 

結果は

みんなで楽しく飲めました。(え

 

 

合コンっていう雰囲気でも無かったけど、連絡先交換も0でっせ。(え

 

楽しかったのと、素敵な試供品が貰えたので全然良かったのですけどね。(え

 

 

そして、元々思ってたけど

やはり幹事は嫌だなと。

 

場を盛り上げようとする幹事同士で仲良くなるとかあるけど

中学の同級生だし(-ω-)

 

まぁ、婚活さぼり過ぎてて

ただの飲み会モードにしてしまった、ただの言い訳なんですけどね。

 

しかし、そろそろ婚活モード入らないとマジやばいなと思わえたので

いいキカッケにはなったと思います。

サボってたら、女子モードのオンの仕方忘れるのだよ。

いきなりオンしようとしても、出来ないのだよ。。。

 

 

 

そんな中、後日同級生からLINEが来た。

 

「先輩がまた一緒に飲もうと!」

 

え?どういう意味だ?

ダメだったと思ってたけど、ちょっと良いと思ってくれたのかな(*´▽`*)

 

淡い期待を抱いていたら

その先輩からいきなりLINEが来る。

 

いや、同級生お前。

別に勝手に教えるのは良いんだけどさ、繋げ方雑すぎだろっっ!!!

 

若干イラつきつつ、淡い期待を抱きつつLINEを開いてみる。

 

 

「この前はありがとうございました!

今度は僕の上司と同期と飲み会開いてもらえますか?」

 

 

・・・・・

私は合コン屋じゃねーーーーーーーー!!!!!!!!!

 

 

同級生のお世話になった先輩だから、断んないげどさ

断んないけど

 

 

合コン屋から抜けれるように頑張ろう。

そうしよう。

 

そしてまた試供品貰うんだ。うん、頑張る。